MENU

vio脱毛の医療クリニックの失敗しない選び方

アンダーヘアのボリュームや毛質を調整することができたり、蒸れやすいデリケートゾーンをスッキリさせることで、雑菌の繁殖を抑え込んで、清潔に保てるようになることから、女性に限らず男性からも人気の高いvio脱毛。

 

医療クリニックでvio脱毛を受ける場合、失敗しない選び方を考えてみましょう。

 

vio脱毛はレーザーを照射する部位としては、かなり形が複雑ですし、レーザーの痛みも感じやすいところですから、経験がある人が施術を行った場合でも打ち漏れが発生しやすい性質があります。そこで打ち漏れがあった場合の無料保証サービスが用意されている所にするのがおすすめです。

 

打ち漏れのせいで、せっかく定期的にレーザー脱毛を受けても思うような形にすることができなかったということも起こらなくなりますし、無料ですから追加で料金を払うこともありません。
そして、他の部位よりも痛みが強いところだからこそ、痛み対策が充実しているかどうかも重要ですよね。施術中の反応をうかがいながら、痛みに苦しまないように冷やしながらやってくれることはもちろん、麻酔もいくつかの方法から選ぶことができるとなおいいですね。

 

女性の場合は、やはりvio脱毛は恥ずかしいという気持ちが先に来てしまいますから、医師やスタッフがすべて女性であることや、完全な個室でプライバシーが守られていることなどの条件を満たしているところだと安心して施術を受けることができるでしょう。

 

東京の医療レーザーでvio脱毛の施術を受けた

 

ずっとムダ毛は自己処理をしていたのですが、いつもムダ毛を気にしていなければいけないので思い切ってプロの施術ですっきりとしよう、と思い、医療レーザー脱毛をすることにしました。
水着を着る季節になるとデリケートラインのムダ毛の処理はとても大変だし、肌が弱いのでカミソリだとすぐにかぶれてしまうのが気になっていました。なので、医療レーザーでvio脱毛の施術を受けて、水着をきれいに着ることができるようになりたい、ということもきっかけです。

 

東京には医療レーザー脱毛の施術を受けられるクリニックがたくさんあるので、いくつか自分の条件にあったところを探してから決めました。口コミやクリニックのサイトなどをじっくりと読んで、自分と同じ悩みを持っていた人がムダ毛のないきれいな肌になっていたクリニックに決めました。
vio脱毛でデリケートラインのムダ毛をすっきりとできれば、生理のときにもかゆみを感じたり、蒸れたりしなくなる、ということも脱毛をしようと思ったきっかけです。

 

医療レーザーはエステのものよりもレーザーの出力が強い、ということで、ムダ毛が濃い自分でも十分にきれいな肌になることができる、ということでとても期待していました。
施術のときにはゴーグルのようなものをつけて目を保護していたのですが、担当してくださった方が話しかけてくれていたので安心してリラックスすることができました。痛みはvio脱毛のときは少し痛みを強く感じたところもありましたが、それ以外の部位はあまり痛みを感じることがなかったです。施術の前にはジェルをつけるので一瞬だけ冷たく感じることもありますが、レーザーの光をしっかりと毛根まで届ける役目もあるということで我慢ができました。

 

脱毛の施術の後は、日焼けをしないように気をつけて、といわれていたので、日焼け止めをしっかりとつけて肌を保護していました。
施術を数回したときには少し肌が明るくなったような気がしました。保湿もしっかりとしていたのでムダ毛がなくなった分、美肌に近づくことができました。